EDを改善し若かりし頃の自分を取り戻そうとしている男性

ED治療薬は健康保険適用外、通販のインド製も検討?

勃起不全の治療をするED治療薬は、すべて健康保険の適用外となります。
すべて自費購入となるため、1錠あたり1,500円程度は考えておく必要があるでしょう。
3日に1回の頻度でセックスをするなら、治療費代は月に15,000円となるわけです。
勃起不全の治療のために1万円超えは厳しいという方は、通販で購入できるインド製を試してみるといいでしょう。
インド製は自国で格安にて製造できるため、医療機関でもらうよりも圧倒的に安くなっており、特に大量購入すると缶ジュース1本分くらいまで安くなります。
100円台で服用できるED治療薬なら、月額2,000円未満に抑えることも可能でしょう。

ED治療薬は健康保険の適用が望まれていますが、その可能性は限りなくゼロに近いと言えます。
日本の医療制度は非常に厳しい状態にあり、ED治療薬を保険適用にすることは国の医療費の増額につながるからです。
直接的に健康を害する症状を除いて、健康保険は使えないのが一般的なのです。
インド製は成分特許が存在しないため、バイアグラ以外のジェネリックも入手することができます。
レビトラやシアリスのジェネリックも存在し、すべて安いものだと100円台で購入できるのです。
この価格なら精力剤やサプリメントを利用するよりも安くなるほどです。
ED治療薬は精力剤などと併用しても問題ありませんが、精力剤が医薬品タイプである場合は薬局やドラッグストアなどに相談しておくべきでしょう。
サプリメントや健康補助食品と記載されている精力剤に関しては食品となるため、原則としてED治療薬との飲み合わせは問題ありません。
ただし、一度も処方を受けたことのないED治療薬に関しては、通販で取り寄せて服用するのは避けたほうがいいでしょう。